WordPressテンプレート比較ポイント

1デザイン性が高いかどうかを見極める

WordPress(ワードプレス)とはオープンソース・無料で利用することのできる、世界で最も利用者数の多いブログソフトウェアのことです。PHP(プログラム言語)と、MySQL(データベース)で開発されているWordPressですが、通常Webサイト制作に必要なHTMLやCSSといった専門知識がなくても、画像や文章などのコンテンツを配置するだけで、誰でも簡単にブログを作ることができます。ゼロからサイトを構築するのはとても骨の折れる作業ですが、WordPressにはサイトの外観を自由に着せ替えることができる「テーマ(テンプレート)」というものが存在します。各々のテーマはデザインやレイアウト、機能性や拡張性に至るまで、様々な個性を持っています。テーマのコンセプトや、デザイン性、機能性をよく吟味し、ポテンシャルをうまく引き出してあげることで、ローコストでスピーディーなサイト構築が可能になるのです。

タイトルてすと

てすと
てすとてきすと

テーマにオリジナルの機能を付属させたレイアウト

WordPressでは公式、サードパーティー、有志や個人などが提供する様々なプラグインによって手軽にサイト機能を強化することが可能ですが、むやみやたらにこれらのプラグインをインストールすることは、プラグイン同士、あるいはWordPress自体の機能と干渉し合う恐れもあり、推奨されません。できることなら、プラグインを使用することなく機能を実装することが望ましいのですが、PHPやJavascriptなどのプログラムに関する知識がなければ、そう簡単に実装することは困難です。ですが、WordPressテーマの中には、デザインに関するカスタマイズを容易にする機能やコンテンツの制作をサポートする機能が予め組み込まれているものが存在します。その機能はテーマによって実に多種多様で、事前にサイトイメージがある場合は、テーマが持つ機能で実現できないかを検討することで、サイト制作をショートカットできるかもしれません。

WordPressでは公式、サードパーティー、有志や個人などが提供する様々なプラグインによって手軽にサイト機能を強化することが可能ですが、むやみやたらにこれらのプラグインをインストールすることは、プラグイン同士、あるいはWordPress自体の機能と干渉し合う恐れもあり、推奨されません。できることなら、プラグインを使用することなく機能を実装することが望ましいのですが、PHPやJavascriptなどのプログラムに関する知識がなければ、そう簡単に実装することは困難です。ですが、WordPressテーマの中には、デザインに関するカスタマイズを容易にする機能やコンテンツの制作をサポートする機能が予め組み込まれているものが存在します。その機能はテーマによって実に多種多様で、事前にサイトイメージがある場合は、テーマが持つ機能で実現できないかを検討することで、サイト制作をショートカットできるかもしれません。

テーマをサイトに活かすメリット

WordPressを導入したら、まずテーマ選びをすることになりますが、一口にテーマと言っても、デザインやレイアウト、機能や拡張性に至るまで、そのテーマが持つ個性は様々です。コンセプトや、デザイン、機能をよく吟味してテーマのポテンシャルをうまく活用することで、ローコストでスピーディーなサイト構築ができます。一方で、デザインやプログラムの知識をお持ちの方で、自作テーマを運用をする事例がありますが、ゼロからサイトを構築するのはとても骨の折れる作業です。余程のこだわりがない限りは既存のテーマを利用し、その上で、細かい箇所については若干の調整をするというのがスマートな方法です。もっとも、一切のカスタマイズをしないで思い描いた通りのサイトを構築できるなら、それに越したことはありません。余剰リソースを制作に回すことで生産性は向上します。WordPressにおいてテーマとは最も費用対効果の高いツールと言えます。

WordPressデザイン性まとめ

サイトデザインというとヘッダーコンテンツや、ウィジェット、アニメーションなどに目が行きがちですが、コンテンツの配置間隔や広告の表示方法など、空間の使い方についても併せて見ることが重要です。トップページや投稿ページだけでなく、カテゴリーページやアーカイブページもテーマにより個性が出るところで、記事が見やすいよう整理されているか、過去の記事にもしっかり目が届くような施策がされているかなど、抜かりなくチェックしておきましょう。また、デザインには多少の流行り廃りがありますので、長いスパンでの使用をお考えの方には、シンプルで主張の少ないテーマをおすすめしています。落ち着いていて一見、地味に映るテーマでも、色の変更だけでその印象をガラッと変えることができます。CSSの知識をお持ちであれば、デモサイト上でデベロッパーツールを使用し、お好みの色を適用してみるのも有効的な手段です。サイトデザインというとヘッダーコンテンツや、ウィジェット、アニメーションなどに目が行きがちですが、コンテンツの配置間隔や広告の表示方法など、空間の使い方についても併せて見ることが重要です。トップページや投稿ページだけでなく、カテゴリーページやアーカイブページもテーマにより個性が出るところで、記事が見やすいよう整理されているか、過去の記事にもしっかり目が届くような施策がされているかなど、抜かりなくチェックしておきましょう。また、デザインには多少の流行り廃りがありますので、長いスパンでの使用をお考えの方には、シンプルで主張の少ないテーマをおすすめしています。落ち着いていて一見、地味に映るテーマでも、色の変更だけでその印象をガラッと変えることができます。CSSの知識をお持ちであれば、デモサイト上でデベロッパーツールを使用し、お好みの色を適用してみるのも有効的な手段です。

ピックアップ記事

  1. テンプレート

  2. WordPress使用術

  3. デザイン

最新記事

  1. toctest

    2018.08.16

  2. テスト

    2018.08.6

  3. test

    2017.12.5

PAGE TOP